モンシェールのこだわり

“世界に一つだけのオーダーメイドクリーム”作りは 乳牛の生育環境にこだわることから始まります

モンシェールのクリームは、酪農が盛んな北海道の中でも、特に水と空気がきれいで、 メロンが採れるほど栄養豊富な土地の牧場で大切に育てた牛の生乳だけを使用しています。 牧場の一日はとても早く、酪農家さんは毎日早朝4時半から乳牛一頭一頭の搾乳を行っています。 美味しい生乳は、生後2年経って初産を終えた雌牛からしか採れません。

酪農家さんは仔牛が生まれたらすぐに一頭一頭に名前を付けて、 3ヶ月間ふかふかしたワラが敷かれた牛舎で大切に育てた後、初乳が出るまで2年の歳月、 体調チェックをしながら、上質な乳製品作りに貢献してくださっています。 こうして365日休まず牧場を管理してくださる多大な努力があるからこそ 雌牛は健やかに育ち、そのフレッシュな生乳があるからこそ、 モンシェールは美味しさを追求できるのです。

“朝一番に搾ったフレッシュな生乳”を そのまま感じる世界で一つのクリーム

「搾りたての生乳の美味しさをそのまま感じる最高のクリームを作りたい」。 モンシェールのクリームは、そんな私達のこだわりに共感くださった 乳業メーカーさんと研究を重ねて誕生した、世界にたった一つのクリームです。

酪農家さん達が朝一番に搾った生乳は、 温度管理を徹底した清潔なタンクローリーで乳業メーカーさんの工場へと運ばれ、 数種の検査に合格した生乳だけがクリームへと加工されていきます。 添加物を最小限に抑えて作るため、賞味期限が短いのですが、 その分しぼりたての美味しさを味わえるばかりか、 夏と冬で微妙に変わる生乳のコクの違いまで楽しむことができる、 とても繊細なクリームです。 この完全オーダーメイドクリームは、決して大量生産せず、 パティシエ達が発注した分だけをこまめに生成して、各キッチンへ届けています。

生産者の方々と連携しながら “一番美味しいケーキ”をお客様へ

「モンシェールさん、美味しいミルクを送るから、 もっともっと美味しいお菓子を作ってくださいね」。 牧場を訪れた時にくださった酪農家さんの言葉を胸に、 キッチンではこのクリームを“モンシェールの宝”と呼び、 細心の注意を払って取り扱います。 温度、鮮度、糖分、空気量などの規定を忠実に守って “一番美味しいケーキ”に仕立て、 一番良い状態でお客様にお届けできるよう心掛けています。

“キッチンから1時間以内にしかお店を構えない” という独自のルールを設けているのも鮮度維持のためです。 私達は、29店舗に対して20カ所のキッチンを構え、 一日数回に分けて新鮮なケーキを直送しています。 また、このクリームの美味しさを世界に伝えたくて、 ソウルや香港のキッチンにもほぼ毎日空輸しています。 私達の美味しさへの信念は、これからも変わることはありません。 酪農家さん、乳業メーカーさん、パティシエのパートナーシップを大切に、 ケーキを通じてお客様に笑顔と幸せをお届けしてまいります。

モンシェールのあゆみ