堂島ロールストーリー

“人と人の心をつなぎ、幸せを運ぶ存在でありたい“その思いを「モンシェール(私の大切な方)」の名に込めて

水路が生んだビジネス街・堂島に、
真心込めて美味しさを生み出す菓子職人達がいます。 その手のぬくもりから生まれる、小さなお菓子達に託した想いは“Happiness”。 素材や製法、鮮度を追求し、“本物の喜び”をお届けすることで お客様と、お客様にとっての「大切な方」との間に笑顔や幸せが生まれますように。 それが、創業当時から変わらない私達の願いです。

偶然から生まれた奇跡のひと巻き

モンシェールが堂島で産声をあげたのは、2003年11月3日。開店記念セールでシェフの自信作だったミルフィーユと、当時主流だった渦巻き型のロールケーキを用意したところ、ロールケーキはたちまち完売。
せっかくお店まで足を運んでいただいたのにお買い上げいただけないお客様に申し訳なく思い、一人でも多くの方にお届けできる方法はないかと考えひらめいたのが、グルグル巻きの生地をクリームがこぼれない程度の長さにまで節約することでした。
そして試行錯誤の末、たっぷりのクリームを包み込んだひと巻きの「堂島ロール」が誕生したのです。
ロールケーキが“生地を食べる渦巻き型”から“クリームを食べるひと巻き型”へと姿を変えた、運命の瞬間でした。

日本で23店舗を構える今、キッチンは14カ所。キッチンと店舗を一日数回往復し、できたてを並べることを大切にしています。また、ソウル店と香港店にはクリームを毎週空輸。日本の美味しさを直送しています。

大きな工場で一括生産すれば、効率は上がるでしょう。けれども私達はどんなに非効率であっても、「お客様に一番新鮮で美味しいと思うケーキだけをご提供する」という創業時の信念を貫き通しています。雨の日も風の日も、オレンジ色の自転車でケーキをお届けした創業当初の精神を忘れずに。非効率だからこそ生み出せる、作りたての美味しさを信じて――。そんな環境ゆえ、職人も育つと自負しています。

堂島ロールは“永遠”に続く“ご縁”と“和”の象徴

「堂島ロール」のまんまる顔は“ご縁(円)”と“和(輪)”を、筒型のボディは“永遠”を表しています。
この丸くて長いケーキを切り分けてお召し上がりいただくことで、お客様と大切な方々との間に笑顔が生まれ、絆がより一層深まりますように…。
そんな気持ちを込めて、一つ一つ丁寧にお作りしています。
また私たちは、お客様と大切な方との“ご縁”を繋ぐお役に立てることを、この上ない喜びと感じています。
今日のモンシェールがあるのも、ひとえにお客様との“ご縁”のおかげです。
これからも私達は、お客様への感謝と、創業当時に掲げた信念を忘れずに、
そして、お客様のライフスタイルに寄り添いながら時代を超える定番商品を育てる高い志を持って、
“ときめき”と“信頼”ある《幸せ》を運ぶお菓子を作り続けてまいります。

モンシェールのあゆみ