堂島ロールの秘密6月はROLLの日堂島ロールを生んだモンシェールのこだわり

その1:北海道の恵みから生まれた、世界でひとつの“完全オーダーメイドクリーム”

モンシェールのクリームを生み出す北海道の牧場

北海道の牧場で育った乳牛のミルクを数種類ブレンド。生乳本来の美味しさを再現した真っ白なクリームは、世界でひとつ、モンシェールのためだけにオーダーメイドで作られたものです。大量に作り置きすることなく、鮮度を大切に、モンシェールの各キッチンから注文があった分だけ少量ずつ生成。クリームにストレスがかからないよう、揺れや温度など、管理を徹底しながら慎重に運んでいます。
フレッシュなミルクの香り広がる味わいは、「生乳本来の美味しさをお届けしたい」という生産者の皆さん、乳業メーカーさんの情熱と努力の賜物。

添加物を極力抑えてお作りするため、日持ちは短めですが、それこそが美味しさの証です。北海道の大自然から生まれたクリームの感動を、多くの方々にお伝えするアンバサダーとして。モンシェールはこれからも、微力ながら日本の酪農の発展に貢献していきたいと思っています。
※2013年の秋からはソウルへ、2014年の春からは香港へ。モンシェールのオリジナルクリームを週2~3回ずつ空輸し、日本の酪農が作った味わいを世界の方々にご紹介しています。その美味しさに、皆さん大変驚かれています。

北海道のこだわり牛乳

こだわりの牛乳を検査し、品質を管理

その2:28の店舗のために、20ものキッチンを近隣に設置。“作りたてと鮮度”の最高をお届けします。

モンシェールスタッフの調理風景・配達風景

モンシェールは今、日本の主要地域をはじめ、海外3都市にお店を構えています。それをお伝えすると、よく「工場で作っているのですか」と訊ねられますが、そうではありません。大きな工場で一括生産をすれば、確かに効率は上がるでしょう。だけど何年経っても決してぶれることなく、創業時と同じく“美味しさ”を第一に、真心を込めて手作りを続けています。
その証拠にモンシェールでは、28の店舗のために20箇所ものキッチンを設けています。

しかも「お店はキッチンから1時間以内の場所にしか出さない」というル-ルを忠実に守りながら、温度管理、衛生管理を徹底。一日数回、出来たてのケーキをその都度、店舗に運んでは、お客様に新鮮な美味しさをお届けしています。
今までも、そしてこれからも、“一番美味しいと思えるケーキ”だけをご提供する。そんな環境だからこそ、職人も育っていくのです。

その3:“生地よりもクリームを味わう”。堂島ロールの誕生が、ロールケーキの概念を変えた

堂島ロールを巻いている作業風景

堂島ロールのパッケージ

オープン当初、堂島ロールは他と同じく、生地をぐるぐる巻いた渦巻きロールでした。ところがオープニングセールでの製造が間に合わず、売り切れが相次ぎ、多くのお客様にご迷惑をかけしてしまったのです。そこで、「オーブンがフル稼働で生地を増やせないなら、生地を短くして、その分、ロールケーキの数を増やせば、もっと多くの方に召し上がっていただけるのでは」と発想。渦巻いていた長い生地を、クリームがこぼれないギリギリまで短くして完成させたのが、“ひと巻きロール”のはじまりです。

堂島ロールの誕生は、形状に関してはもちろん、それまで“生地を食べるケーキ”だったロールケーキの概念を、“クリームを食べるみずみずしいケーキ”へと一変させる出来事でした。今ではそんなひと巻きロールが日本全国、たくさんのお店に並んでいます。“ご縁”を表す“円(えん)顔”のロールケーキたちが、お客様に笑顔をお届けしている──。そんな光景を見る度に、ご縁を感じ、私たちも元気をいただいています。

その4:“愛してくださるお客様への“感謝とご奉仕の精神”、それが私たちモンシェールの原点

店頭でスタッフが笑顔で接客対応

堂島ロールは発売後すぐ大人気になったと思われがちですが、決してそうではありません。
ビジネス街・大阪堂島にモンシェールが産声をあげたのは、2003年11月3日のこと。しばらくは毎日、売れ残りを捨てる日々が続き、経営すら厳しい状態でした。しかし「心を込めて作ったケーキを捨てるのは申し訳ない。この美味しさを、もっと知っていただきたい」と決意。毎晩、ケーキを箱に入れては、日付が変わるまで、自転車で北新地のお店を一軒ずつ回り、配り続けました。そんな努力の甲斐あって、少しずつ注文が入り、自転車を使ってのデリバリーを始めます。

2年の歳月を経て、熱いオファーにお応えするべく、関東への出店。今では遠く海外でも、お店を構えることとなりました。

雨の日も風の日も、電話一本ですぐにケーキをお届けする・・・そんな“お客様への感謝とご奉仕の精神”が、今日の私たちの原点です。

開店当初の配達自転車イラスト

その5:シンプルだからこそ広がる可能性。“美味しくて楽しいスイーツ”を追求し続けること

堂島ロールの仲間たち 草間ロール、いしきりんロール、堂島プリンスロール、堂島お抹茶ロール、歌舞伎ロール、堂島ロール(フルーツ入)、すいかロール、ミファ

自慢のホールケーキ

“自慢のホールケーキを”

モンシェールのケーキは、すべて堂島ロールと同じ「オーダーメイドクリーム」を使用。生地とクリームだけのシンプルな堂島ロールが、華やかに生まれ変わり、笑顔をお届け致します。

北海道産しぼりたてミルクの香り豊かな真っ白いクリームと、しっとりした黄色い生地で作られたシンプルな「堂島ロール」。その可能性をさらに開花させようと、モンシェールでは多彩なスイーツを開発しています。
その時々でもっとも美味しい季節の果物をたっぷり詰め込んだ期間限定のフルーツロールや、抹茶、チョコレート、キャラメルなど厳選した素材を堂島ロールに加えて完成させた色とりどりのアレンジロール。

さまざまな文化活動を引き立てたり、イベントを盛り上げたりと、食材やデザインでテーマを表現するデコレーションロール。そして、ある時はクリスマスケーキに、またある時はウエディングケーキに。アイスロールやクッキー、フィナンシェやチョコレート・・・その進化はとどまるところを知りません。
モンシェールはこれからも、シンプルな堂島ロールだからこそ広がる可能性を信じて、美味しくて楽しいスイーツを追求していきます。